GC キャスティングボンド MC30 買取相場推移表

HOME > GC キャスティングボンド MC30 買取相場推移表

直近10日間-GC キャスティングボンド MC30 買取価格相場推移表

直近10日間のGC キャスティングボンド MC30の買取価格(最高値・最安値・平均)

最高値買取価格
(01/01)
最安値買取価格
(01/01)
平均
買取価格
47712 42310 44618

直近10日間のGC キャスティングボンド MC30の買取価格

日付 税込買取価格 前日比買取価格
05/16 42630 +320円
05/13 42310 -1415円
05/12 43725 -619円
05/11 44344 -346円
05/10 44690 +125円
05/09 44565 -1089円
04/28 45654 +430円
04/27 45224 -106円
04/26 45330 -2382円
04/25 47712 -1385円

買取ご依頼はこちら

その他の買取価格推移表

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

2022/05/16 国内貴金属は軒並み堅調に推移↑金は小反発し、パラジウムは4営業日ぶりに値を上げ節目の9,000円台に再浮上。

【金相場】週末13日のNY金相場は、米国長期金利の上昇やドルの堅調な値動きを眺めて売りが優勢となり続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1808.20ドル(-16.40ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。時間外取引きのアジア市場では1827.60ドルまで買われたが、急速な米金融引き締めによる景気減速懸念が落ち着き、この日は米長期金利が再び上昇。外国為替市場でドルが対ユーロで買い進まれる中、ドル建てで取引される金相場は次第に割高感が意識され次第にマイナス圏に反転した。また、米国株などリスク資産が買われた事も圧迫材料となり軟調となった。ただその後は、安値拾いの買いや、週末前の持ち高調整の買いが入り、下げ幅を一部縮小する展開となった。

国内の金相場は、海外相場の時間外取引の伸びや為替要因からプラス圏で推移し反発。買取ベースでは1gあたり8,249円(+11円)と、値を上げ反発しました。インフレ高進や、地政学リスクの高まりから金は価格水準を切り上げ、年初来では+990円(+12%)と、現在一段高で推移中。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/16  8,249円 (+11円)

05/13  8,238円 (-199円)

05/12  8,437円 (+31円)

05/11  8,406円 (-73円)

05/10  8,479円 (-164円)

05/09  8,643円 (+138円)

04/28  8,805円 (-14円)

04/27  8,519円 (-8円)

04/26  8,527円 (-193円)

04/25  8,720円 (-91円)

10日間の金相場平均価格:8,472円/g



【パラジウム相場】週末13日のNYパラジウム相場は、景気先行き不透明感を背景とした前日までのリスク回避ムードが一服し世界的に株高となる中、同じくリスク資産であるパラジウムも買い戻しが入り反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1917.70ドル(+57.10ドル)と、4営業日ぶりに反発して取引きを終了。新型コロナウイルスの感染対策で都市封鎖が続く中国・上海市は13日、5月中旬をメドに新規感染者数を「実質ゼロ」とする目標を示し、同時に同国内での景気支援を示す方針を表明した事から景気減速を巡る過度な懸念が和らぎ、パラジウムは時間外取引きより買いが先行した。また、原油相場や株式相場などリスク資産への買いが旺盛となった事も支援材料となり上げ幅を拡大。相場は一時1952ドルまで上伸する場面もあった。

国内のパラジウム相場は、買い優勢に反転した週末のNY相場を映し反発。買取では1gあたり9,004円(+110円)と、4営業日ぶりに値を上げ、節目の9,000円台に再浮上しました。中長期的な需給逼迫への警戒感から現在パラジウムは高騰中。年初来から本日までにgあたり+1,150円(+12.7%)と、価格水準を切り上げて推移中。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/16  9,004円 (+110円)

05/13  8,894円 (-363円)

05/12  8,257円 (-264円)

05/11  8,521円 (-66円)

05/10  9,587円 (+193円)

05/09  9,394円 (-534円)

04/28  9,928円 (+178円)

04/27  9,752円 (-33円)

04/26  9,785円 (-737円)

04/25  10,522円 (-445円)

10日間のパラジウム相場平均価格:9,564円/g


11:10現在の金相場は1トロイオンス1823.90ドル、パラジウムは1939.65ドル、為替は1$128円86銭前後の値動きで推移しております。

2022/05/16 本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格82,800円(+800円)、その他の12%金パラの買取価格82,300円(+800円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,194円(+27円)と、本日地金が揃って値を上げプラス圏で推移した事から、金パラも値を上げ4営業日ぶりに反発しました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2022/05/16 本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金8,249円(+11円)、パラジウム9,004円(+110円)、銀95.15円(+2.31円)、プラチナ4,292円(+11円)と、週明けの国内貴金属は軒並み値を上げ反発。金は週末のNY市場では売り優勢で推移したものの、為替要因や時間外取引きの上昇を映し、国内ではプラス圏で推移し反発したほか、銀も値を上げ反発。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ堅調となり、パラジウムは最近の調整による値頃感が意識され4営業日ぶりにプラス圏に反転しました。

2022/05/14 週末13日海外貴金属相場

【13日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1808.20ドル(-16.40ドル)

銀:2100.10セント(+22.80セント)

パラジウム:1917.70ドル(+57.10ドル)

プラチナ:930.70ドル(-0.70ドル)


本日は当社定休日のため通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

2022/05/13 本日の金パラ相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格82,000円(-2700円)、その他の12%金パラの買取価格81,500円(-2700円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,167円(-89円)と、本日地金が揃って値を下げ軟調に推移した事から、金パラもマイナス圏での値動きとなり3日続落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2022/05/13 本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金8,238円(-199円)、パラジウム8,894円(-363円)、銀92.84円(-3.96円)、プラチナ4,281円(-166円)と、国内貴金属は総じて値を下げマイナス圏での値動きに。金は売り優勢に転じたNY相場を映し、国内でも値を下げ反落したほか、銀もマイナス圏に転じ反落。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ軟調となりマイナス圏での値動きとなりました。

2022/05/13 12日海外貴金属相場

【12日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1824.60ドル(-29.10ドル)

銀:2077.30セント(-80.20セント)

パラジウム:1860.60ドル(-147.30ドル)

プラチナ:931.40ドル(-58.40ドル)

2022/05/12 国内貴金属はパラジウムを除いて上昇↑金は3営業日ぶりに値を上げプラス圏での値動きに。

【金相場】11日のNY金相場は、対ユーロでのドル軟化に伴う割安感を背景に買われ、3営業日ぶりに反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1853.70ドル(+12.70ドル)と、買い優勢で取引きを終了。米労働省が朝方発表した4月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比8.3%上昇と、伸びは8カ月ぶりに鈍化したものの、市場予想を上回った。これを受けて、外国為替市場ではドルが対ユーロで急伸したため、ドル建てで取引される金商品の割高感を意識した売りが出やすく序盤は軟調となった。ただ、ドルが対ユーロで軟化すると、金相場も素早く切り返し、プラス圏に浮上した。市場では、CPIの内容から物価上昇はピークに達し、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ姿勢をさらに強めるものではないとの見方が一部で浮上。一方で、インフレ高止まりが長期化するとの懸念も根強く、ヘッジ的な金の買いが相場を支える展開となった。


国内の金相場は、買い優勢に転じたNY相場を映し3営業日ぶりに反発。買取ベースでは1gあたり8,437円(+31円)と、プラス圏での値動きとなりました。インフレ高進や、地政学リスクの高まりから金は価格水準を切り上げ、年初来では+1,178円(+13.9%)と、現在一段高で推移中。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/12  8,437円 (+31円)

05/11  8,406円 (-73円)

05/10  8,479円 (-164円)

05/09  8,643円 (+138円)

04/28  8,805円 (-14円)

04/27  8,519円 (-8円)

04/26  8,527円 (-193円)

04/25  8,720円 (-91円)

04/22  8,811円 (-6円)

04/21  8,817円 (-43円)

10日間の金相場平均価格:8,586円/g



【パラジウム相場】11日のNYパラジウム相場は、買いが先行するも、株安や投資家心理の後退から売りに押されマイナス圏での値動きに。中心限月の6月限は1トロイオンス2007.90ドル(-35.80ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日は安値拾いから買い戻しが入りやすかったほか、厳格な新型コロナウイルス対策を続ける中国が、景気刺激策に乗り出すとの観測も支援材料となり序盤は買いが先行した。しかし、米国株が軟調となるなど投資家心理の後退から次第に売りに押され相場は反転。4月の消費者物価指数(CPI)が高インフレを示す内容となった事でドル買いが進んだ事も重しとなり、結局マイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、売り優勢となったNY相場を映しマイナス圏で推移。買取では1gあたり9,257円(-264円)と、値を落とし続落となりました。中長期的な需給逼迫への警戒感から現在パラジウムは高騰中。年初来から本日までにgあたり+1,403円(+15.1%)と、価格水準を切り上げて推移中。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/12  8,257円 (-264円)

05/11  8,521円 (-66円)

05/10  9,587円 (+193円)

05/09  9,394円 (-534円)

04/28  9,928円 (+178円)

04/27  9,752円 (-33円)

04/26  9,785円 (-737円)

04/25  10,522円 (-445円)

04/22  10,967円 (-72円)

04/21  11,039円 (+220円)

10日間のパラジウム相場平均価格:9,975円/g


14:40現在の金相場は1トロイオンス1854.45ドル、パラジウムは2011.70ドル、為替は1$129円71銭前後の値動きで推移しております。

2022/05/12 本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格84,700円(-600円)、その他の12%金パラの買取価格84,200円(-600円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,256円(-20円)と、本日地金の金が3営業日ぶりに上昇あい反発した一方、パラジウムがマイナス圏で推移した事から、金パラも値を落とし続落となりました。

リスク回避目的から金が史上最高値を更新するなど高値水準で推移している事や、供給不安を背景にパラジウムも急騰するなど貴金属が一段高で推移している事を受け、金パラも大幅高で推移し年初来から本日までの上げ幅は+9,700円(+11.4%)と、価格水準を切り上げて推移中。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2022/05/12 本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金8,437円(+31円)、パラジウム9,257円(-264円)、銀96.80円(+0.55円)、プラチナ4,447円(+102円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇反発。金は買い優勢に転じたNY相場を映し、国内でも値を上げ3営業日ぶりに反発したほか、銀も値を上げ9営業日ぶりに上昇。また、プラチナは堅調地合いを維持し4月19日相場以来およそ3週間ぶりの高値を更新した一方、パラジウムは唯一マイナス圏での値動きとなり続落となりました。

買取ご依頼はこちら

開封品 金パラ

開封品 金パラ

歯科用金属の金パラ(開封品)をお買取りしました。

《日付》
2020年07月02日

《お買取品目》
歯科用12%金パラ(開封品)


《メーカー・製品名》
開封済み 金パラ(各種メーカー混合)



《お買取り数量》

146g


《分析・お買取までのお取引目安》
当日中にお買取
 


《お買取方法》
・未開封の12%金パラ製品→検品・メーカー確認後、当日買取

・刻印の無い12%金パラ製品→工場にてX線分析後、当日買取


※分析・精錬を要する金属の場合、お預かりする金属によっては上記方法とは異なり、「焼成・溶解」または「王水・硝酸」での精錬になる場合が御座います。

 

《実施中の金パラ&スクラップ金属お買取キャンペーン》(7/31着まで)

発送日相場の7/1相場でお買取り!! 

※「発・着日」相場の最高値でお買い取りさせて頂きます。

Summerボーナス実施につき合計金額に+500円


歯科用金パラ お買取り詳細

 

開封済み 金パラジウム 価格相場推移